猪野浩三郎塗装店の塗装職人ブログ

カテゴリー

2009年11月の記事

11月27日 

本日は、天王ニュータウン K様邸 屋根吹付け塗装工程です。
吹き付けとなると、飛散予防のため近隣の方に挨拶をして 車に養生シートをかけらしてもらいます。

住宅街なので、通常よりは機会の圧力を下げて 屋根の吹き付け作業を行います。今日は、下塗り(プライマー)中塗りを行います。

↓ 屋根の専用吹き付け機会です。圧力を調整してこれから作業です。

DSCN1150








↓ 外部は仕上ったので、細かい塗り残しをチェックしています。


DSCN1135








↓ 2F部分になります。雨戸は風を見ながら塗っていきます。ホコリが入ると仕上げ塗りができません・・・・

DSCN1148









K様邸はお家も大きく、屋根の劣化が激しかったので、施工日数も長くなっています。今回 一番作業で時間をかけたのは、前回の塗装の剥がれた面の除去作業でした・・・・・


そして屋根・・・・
前回、塗って3年ぐらいで剥げたと聞いていたので入念に水洗いを行い、下地工程では、塗料メーカー・材料屋と下地チェックを行い、通常の下地材よりさらに良い物を使用しました。これを使用しないと、いくら上塗りの塗料に良いものを使っても、下地がしっかりしていないと意味がありません・・・・・・


前回の塗装工事がもう少し ちゃんとしていれば、ここまで剥げてなかったのですが・・・・なんと、15年保証だったそうです。・・・

会社自体がたった4年で倒産・・・・・・当時は、コマーシャルもよく見かけていました・・・・・(汗)

気軽に保証という言葉を塗装業者は最近 流行かのように使ってますが・・・・
本当に100% 責任を取る塗装屋がいくつあるんでしょう・・・・・
疑問ですね・・・・

10年保証どころか、最近のクレームも処理しない業者、塗装屋が多いのも事実です。いつまでたってもこの業界は良いイメージがないですね・・・・残念です


ちゃんとやっている会社とそうでない会社の見分け方があれば、良いのですが、業者を分別するために国が、この業界にメスを入れると聞いた事があります・・・・まぁ 当然の結果だと思います。遅いくらいだと思います。
一番 わかりやすいのは、建設業許可 塗装業の許可 これぐらいは最低持っていてもらいたいですね・・・・


まだまだ、お客様にとっては不安要素が沢山ある塗装業界・・・
理想に一歩でも近づけるよう・・来年で14年目・・・・まだまだ頑張ります。


いつもありがとうございます。

11月22日 昼から・・・雨


本日は、伊野町天王 K様邸 外壁下地工事でした・・・・・が

昼から、雨になり・・午前中だけの作業になりました。

ん~・・・・・・天気にはやっぱり勝てません。






もの凄く施工時間をかけて仕上げましたので、最高の出来栄えです(職人談)





これといっておもしろい話もないまま・・・・終わりです・・・
仕事の熱意は、あります・・・・・

いつもありがとうございます。


11月17日 


やっぱり、予報どおり・・・・雨・・・・


年末までに、仕上げなければいけない 塗り替え工事
間に合うかな・・・・・(汗)

やっぱり天気にには、勝てません・・・


いつもありがとうございます。


明日は、晴れますように・・・

11月14日 

今日は、伊野町天王ニュータウン K様邸 水洗い作業です。


画像 261








画像 265

 

 

 

 

 

近隣に水しぶきが飛ばないように細心の注意をはらって屋根・外壁を
3~4時間かけて入念に洗います。たまに1時間ぐらいで水洗い作業を
終える業者さんを見かけますが・・・・・しっかり洗うのが塗り替えの基本です。

早ければ、良いというものでは、ありません・・・・。



そして、野市町 T様邸で来年1月工事には、なりますが、外壁ガイナ塗布工事の注文を頂きました。

本当に心から・・・・ありがとうございます。


今日のご注文で、年内の施工は埋まってしまいました。
これからは、来年1月2月の施工になってきます。

本当に本当に、ありがたい事です・・・・・

一日一日 出来る事から一生懸命頑張っていきます。


いつもありがとうございます。

11月7日 


こんばんは猪野です。

良い感じに忙しく、皆様が観覧してくれている、このブログも毎日 書きたいのですが、・・・・・・・汗  頑張ります


本日の作業現場は、野市町土居 A様邸 外壁 ガイナ中塗り作業


DSCN1095








DSCN1098

 

 








そこで、プチ問題が起きました・・・・・


ガイナを規定の缶数で塗ったのに、元の下地が透けて色が止まらない・・・と
職人から電話が、ありました。


「社長・・・3回目の塗りですが、若干 色が止まりません・・・・汗」


すぐに現場に駆けつけ、見てみると少しだけ元色の茶系が薄っすら出てきている状態でした。(素人目にはわからない程度です)


今回、A様邸は濃い色から ガイナで薄い色に変える工事だったので、元の色が少しだけ透けてしまったのです・・・・


確かに、本音を言うと、ガイナは1缶が凄く高いので・・・・・追加注文は痛いのですが、やはり 綺麗にしてなんぼですから 追加で2缶注文しました。


「え~~そんなのあたり前でしょっ?」

て思うかもしれませんが、世の塗装屋さんというのは、塗料を薄めて伸ばす事を普通にしますが、猪野塗装店 妥協しない職人ばかりです・・・・・生ネタ(新しい塗缶)で塗ります。

DSCN1096

 

 



DSCN1097









実際、手塗りで規定通り3回塗っているので、薄めて塗っても問題はないのですが・・・


常にお客様にプラスアルファの気持ちを大事にやっています・・・


(注意) ※ 厚く塗ったからと言って 良い訳ではありません・・・・厚すぎると
        表面が割れてしまいます・・・・


明日は、職人はお休みです


頑張ります。


PS・・・・・今日、5年前に当社で塗替えを行った 潮見台の門脇様から4枚程
瓦の塗料が少し 剥げてきたとの電話が、あったので、手直しに行かさして頂きました。ご迷惑をかけてすみませんでした。

猪野



 

 

11月2日  


月日が経つのは、本当に早いもので今年も残すところ、2ヶ月を切りました・・・
いや・・・・本当に 一年が早い・・・・・・(汗)

つい最近 忘年会をやったような気がします・・・・(笑)

まぁ 仕事を頑張っている証拠です


昨日は、雨のため現場は全て お休みでした。
今日は、朝から快晴なので、野市町 A様 養生・下塗り作業
 G様邸 外壁下塗りの作業です。





今日は、朝から風が強く 頑丈な足場の上でも たまに強い風が吹くとグラグラっときました・・・・(汗)

画像 254

 

 

 

 

 


A様邸の工事内容は、外壁にガイナを塗布します。屋根は5年前に当社で塗っているので、まだまだピッカピッカです。


今日は、風の影響で塗り工事は厳しい状態です・・・風の強い日にローラーで塗り作業等を行うと、風で塗料がシブき飛散する恐れがあるので、本日は、養生作業を念入りに行います。 


画像 255









↑ 猪野塗装店 2番手リーダー 嶋本君。若い職人の育成も彼が、しっかりおこなってくれるからこそ、お客様にお褒めの言葉を沢山 頂いています。 職人に感謝です・・・・・。


画像 256









↑ まだ3年しか塗装暦はありませんが、親方に見習って一生懸命に頑張っている松下君です。照れて 顔を出していませんが、良い男です。


猪野塗装店では、10年以上のキャリアの職人でないと基本的に刷毛は持たしません・・・・職人の世界は厳しいもんです・・・


ですから、最初は養生(ビニールで囲む事) ケレン作業(下地を慣らすため、綺麗に木部等を擦る作業) 後は、掃除が基本的な仕事になります。 やはり、下積みが大事です・・・・・

手に職をつけると言う事は、本当に厳しい事なんです・・・・


中には、塗装歴1~3年ぐらいの職人?に現場の全てを任している 会社もあります・・・・・・・・・・・まぁ 結果は ・・・・・・・です。汗 


そんな甘い世界ではないです・・・・



これからの松下君(マッチャン)に期待しています


いつもありがとうございます。

 

 

 

 

ページ上部へ